野菜や野草などを発酵させた酵素ドリンクを使って

health and beauty

腸閉塞の症状

腸閉塞という病気は、開腹手術の経験がある人に多く見られます。また、大腸がんや重度の胃潰瘍を患う人も同様に発症しやすい病気です。その症状は主に激しい腹痛です。昨日までなんとも無かったのに、いきなり激しい腹痛になって病院を受診するケースも少なくありません。腸閉塞は腸がつまったり捻れたりすることで、お腹の中からチクチク刺すような痛みを伴うのが特徴です。その他にも、便秘になったり嘔吐症状が出たりします。重度の腸閉塞であれば、最悪の場合死に至ることもあります。お腹に何らかの異変を感じた場合は、我慢などせずすぐに医療機関で診察してもらいましょう。腸閉塞と診断された場合は、開腹手術による治療が一般的です。入院期間は2週間程度ですが、術後の経過によってその期間は前後します。

発症すると死亡するケースもある腸閉塞ですが、普段の生活で予防することができます。最も重要なのが、暴飲暴食を避けるということです。特に盲腸や大腸がんなどで開腹手術を経験したことがある方は腸閉塞の発症率がグンと上がるため、普段から気を付ける必要があります。腸閉塞を発症した際は、医師とよく相談してから治療方針を決定するのが最善です。手術せずに治療することもできる場合もありますが、開腹手術になったら入院期間も長引きます。もし急な腹痛や吐き気を催したら、腸閉塞を疑ってもいいでしょう。自然に治ることは絶対にないので、症状が重くなる前に病院へ行くことが大切です。検査は超音波やCTなどがあり、高い確率で腸閉塞を確認することができます。普段からの生活に気を使い、自分の体調の変化を見逃さないことが、腸閉塞の悪化防止につながります。